大手建設会社で大型建造物の設計を手がけている施主みずからが設計し、5年という歳月をかけて完成したのが、東京23区内の狭小地に建つこの建物。2007年度のログハウス・オブ・ザ・イヤー「都市型住宅賞」受賞物件でもあり、都市の住宅地にログハウスを建てるうえで参考になるポイントも少なくありません。
 
Urban Style
 
都市型住宅(特注・Y様邸)
 
総2階建て 都市型住宅 受賞作品 こだわりキッチン 3LDK 広さ50m²〜99m² 特注
 
建物は空間を有効に使える総2階建てとし、北側斜線の規制を回避するために1階は床を地面よりも24cm下げて寝室と子供部屋に。そして、十分な天井高を確保できた2階は日照もよく、ひとつの大きな空間からなるリビングとダイニングスペースを構成しています。
 
意匠的に配置された窓からたっぷりと光が降り注ぐ「大径の無垢材を使って家を建ててみたいという夢を抱いて5年。普段手がけている比較的大規模な設計に比べると、ログハウスには様々な制約や特殊性もありましたが、ログそのものの品質の高さと、メーカーと施工会社の技術力の高さにも助けられて、楽しく家づくりができました」と、建築のプロであるオーナーもとても満足そうです。
 
 
Layout drawing
 
図面
 
Data

延床面積 92.9m²
1F 45.4m²
2F 47.5m²

建設地 東京都板橋区
PLAN 特注
ログ材 フィンランドパイン ラミネートログ
施工 (有)クラフト
 
Gallery