ログに石と煉瓦が組み合わされることで、建物の印象もじつに個性的なものになっている八ヶ岳西麓の緩やかな南斜面の土地に建つこのログハウスは、ご主人が3年の時間をかけてほぼ独力で建てた、いわゆる“セルフビルド”の建物です。ベースになっているのは「LO-4」というモデルですが、建物の南側に延びる広々としたウッドデッキをはじめ、東側デッキに屋根を掛けて作った風除室や北側に増築した食料庫など、オリジナリティあふれる建物に仕上がっています。

 
Country Style
 
田舎暮らし(LO-4・N氏邸)
 
ロフト 田舎暮らし セルフビルド 薪ストーブ ひろびろデッキ 吹き抜け こだわりキッチン 2LDK 広さ150m²〜 LO-4
 
「ものを作るのが大好き」というグラフィック・デザイナーのご主人は、建物内部のディテールにもこだわりました。使いやすさだけでなくタイル選びにもこだわったキッチン、実用性とインテリア性を追求したクッキングストーブ、石を使った浴室…。また、建物の随所に石(カルチャード・ストーン)や煉瓦を使うことによって、外観もとても印象的なものになりました。四季折々に移ろう自然の美しさ、豊かさを感じながら、職住一致の生活を楽しみたい。そんな思いが伝わってくるログハウスです。
 
キッチンや玄関などの床はタイルで仕上げてあるキッチンや玄関などの床はタイルで仕上げてある

 
 
Layout drawing
 

 
Data

延床面積 150.2m²
1F 56m²
ロフト 43.7m²
BF 50.5m²
その他 63.9m²
※増築部分は面積に含みません

建設地 長野県諏訪郡
PLAN LO-4アレンジ
ログ材 フィンランドパイン 角ログ
施工 セルフビルド
 
 
Gallery