どんなメンテナンスが必要ですか?やはり長く快適にお住まい頂くためにはメンテナンスはかかせません。ログハウス独特のものとしてはセトリング対応のメンテナンスがあります。セトリングとは木の収縮により壁の高さが縮むことで、通常2年程度で納まります。その間はボルトの増し締めなどが必要になります。また、外壁の塗装の塗り替えは状況や塗料の種類にもよりますが、標準的には建ててから3~5年で最初の再塗装を行います。屋根や設備などのメンテナンスは他の構法の住宅と大きな違いはありません。
適切なメンテナンスを行えば、ログハウスはとても長寿命な建物です。

*TALOの標準参考施工費には2年間のセトリング対応メンテナンスの費用が含まれています。