木のはなし

木にこだわり続ける理由。

わたしたち日本人は
古くから木の家に親しんできました。
ひなたぼっこした縁側のぬくもり
涼しい風が通り抜ける
縁の下にもぐり込んだ記憶
色々なものに見えた天井の木目
五感で感じてきた
木とともに暮らす感覚を
いま、私たちは忘れかけています。

大事なことは、
その忘れかけている感覚の
なかにあるのではないか、
と思うのです。

 

も く じ

 


この他にもたくさんの木のはなしが詰まった
小冊子「木のはなし」を無料でお送りします。