選べるログ材


ログ材は豊富なログバリエーションからお選びいただけます。

素材 カット
フィンランドパイン
国産杉(無垢)
国産檜(無垢)
角ログ(無垢)
角ログ(ラミネート)
Dログ(ラミネート)

 
TALOログハウスが生まれる2つの故郷

Finland
畑で作物を育てるように森林で木を育てる

森と湖の国として知られる北欧フィンランドで、TALO ログハウスの部材は製造されています。古くから独自の優れた木の文化を持つフィンランドは、マシンカットログハウスが世界で最初に生産された〝ログハウス先進国〟であり、その丁寧なものづくりの姿勢は、どこか日本と通じるところがあるのかもしれません。

フィンランドでは計画的な伐採と植林によって人工林を育て、まるで畑で作物をつくるように持続可能な林業が営まれています。また、ラミネートログ生産工場は、環境に配慮し持続可能な森林から産出された木材を、適切に加工・流通していることの証明である「PEFC-COC 森林認証」も取得しています。

Kumamoto
江戸時代から植林に取り組んできた地域

TALO の国産材ログハウスの故郷は、熊本県の阿蘇山系の肥沃な大地です。淡い赤味を帯びた木肌を持つこの地域の「小国杉」「山都杉」は香りもよく、マツに近い強度を持つ堅い材は構造材としても十分な強度を発揮するため、耐久性の高さにも定評があります。檜は「南郷檜」「球磨(くま)檜」と呼ばれ、良質材として知られています。

生産工場はJAS 認定工場や、自然環境に負荷をかけずに森林の管理、保全、育成を行う「SGEC(緑の循環)」の森林認証も取得しています。オーダーから部材納品までの納期の短さや、優れた乾燥技術と丁寧で精巧な加工など、国産材ならではのメリットが高い満足を約束します。

 
TALOならではのDログの総ログ仕様!

2階までDログの「総Dログ」も、2階が角ログの「D&角ログ」仕様も可能!
2階も1階と同じ居住性が実現できる、TALOだけの仕様です。
 

 
本格派のスカーフカット
 
窓やドアの廻りや屋根の垂木廻りはフラットに「スカーフカット」されています。ハンドカットログハウスに使用される本格的な仕様が、美しい納まりや総ログ仕様を可能にするのです。
 

 
くっきりカーブが美しい!
 
くっきりカーブが美しいTALOのDログ!