The 30years history of TALO INTERNATIONAL
ログハウスという建物をTALOが手がけるようになって30年。
ログハウスを日本に普及させるために、
私たちは業界に先駆けて、数々の新しい挑戦を続けてきました。
まだロフト建てしかできない時代に2階建てのシステム認定を取得し、
防火認定の取得によって住宅地でのログハウス建設を可能にしました。
その結果、これまでに私たちが世に送り出した日本の気候風土に根ざした
自由設計のログハウスの数は、延べ4500棟にも上ります。
こうした挑戦の背景にあるもの、
それは「人間にとって本当に快適な家とは何か?」という問いであり、
「健康な木の家」への強いこだわりです。
その数々の挑戦の歴史をご紹介します。

The 30years History

 

1988
3月 株式会社TALOインターナショナル設立

8月 建築基準法第38条プラン認定取得(構造評定3プラン)

1993
7月 マグニチュード7.8の北海道南西沖地震が発生。奥尻島に建つTALOログハウスは大地震に耐え、避難所として使われる

1994
9月 千葉県富津市に環境共生と田舎暮らしをテーマにした展示場「TALOログビレッジ」がオープン

1996
8月 マシンカットログハウスのメーカーとしては初となる第1回セルフビルドスクールを開催。スクールは現在も継続的に開催しており、TALOのセルフビルドサポートは歴史も実績も業界トップ

1999
 2月 土塗壁同等防火性能丸太組構法(20分耐火認定)取得
11月 業界初の総2階建てシステムの認定取得によって、2階建ての自由設計ログハウスの可能性を大きく広げた

2001
4月 東京世田谷区成城に業界初の総2階建てログハウスの展示場をオープン

2004
1月 外壁(耐力壁)45分耐火認定取得

2005
1月 兵庫県三田市に総2階建てログハウスの展示場をオープン
2006
11月 Dログを新発売

11月 良質な国産杉・国産檜を優れた乾燥・加工技術で仕上げる国産材ログハウス「縁 EN」を発売

2010
2月 TALO東京ショールームを東京都世田谷区成城にオープン

2012
 3月 北欧スタイルのログハウス「TALOスカンジナビアエディション」を発売
10月 TALOスカンジナビアショールーム名古屋北を愛知県小牧市にオープン
2013
 4月 150回目となるセルフビルドスクールを開催
 6月 ログハウス建築コンテストで農林水産大臣賞を受賞

10月 総2階建て住宅ログハウスのオープンハウスが東京都世田谷区に完成

11月 外壁(耐力壁)の60分耐火認定を取得
2014
 6月 新シリーズ「GROOVE」を発売
 7月 長野県軽井沢町に展示場をオープン

12月 GROOVE LOFTの展示場がTALO関西展示場にオープン

2015
12月 外壁134㎜、内部の間仕切り88㎜のログを使用するコンビネーションログを新発売

2018
3月
創立30周年を迎える
TALOのこれからに、ご期待ください!

 

30th Anniversaryインデックスへ戻る