オーシャンビューなログハウス

かなり寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしですか?
もう薪ストーブが大活躍しているお家も多いのではないでしょうか?

ところで先日、TALOログハウスの撮影で静岡県に行ってまいりました!

行きの道中では、綺麗な富士山&気球が出現!(気球見えますか?)なんだか無駄にテンションあがります…!!!

 

さてさて、現地のログハウスに到着すると、
綺麗なクリスマスツリーリースが飾ってあって★★★

もうそんな季節かと痛感・・・。平成最後のクリスマスですよ。

 

…では、気持ちを切り替えてログハウスの話に戻ります。

序盤に薪ストーブの季節とか言っておきながら、
撮影当日は暖かく、もうほんとーっに最高っっっの天気でした!

デッキがあまりに心地よすぎて、仕事だということを若干忘れ気味に。。。

だって海が一望できるんですよ、最高すぎますよね!!

もうずっとここにいたい。東京帰りたくない。

 

…そんな天気だったこともあり、
珍しいHETAのオシャレストーブもまだまだ出番待ちでした。

 

さて、リビングに珍しいものがあったのでご紹介しますね。
↓↓↓

パット見でこれが何かすぐに分かるかた、どれくらいいるでしょうか?
(インスタでアンケート取ってみたい)

これは「真空管アンプ」といって、
かつては電気製品全般に使われていたアンプなのだそうです。
このアンプ特有の柔らかい音が出るのだとか。

流れていた音楽も、確かに柔らかく聴こえる気が…!

これを知っているかどうかで世代が分かる代物ですね。

 

実はログハウスって、音響空間にとても適していると言われています。


レコーディングスタジオやコンサートホール、

楽器(バイオリンやギターetc)などの多くに木材が使われていますよね。
それは、木が不快な残響音を適度に吸収してくれて、
優しく聴きやすい自然な音に変えてくれるからなんだそうです。

音楽好きの方はぜひ一度、ログハウスでの音響を体感してみてください!

 

こちらのセンス良すぎなログハウスの全貌は後日、
TALOの実例としてご紹介しますのでどうぞお楽しみに〜!!