日本の木でログハウスを

30年以上の歴史と4000棟を超える実績を誇るTALOログハウスが自信をもってお届けする、自由設計の国産材ログハウス「縁-EN-」。
耐久性の高い杉と檜を、国内の厳選された工場で乾燥・加工。 まさに日本人のための日本のログハウスです。
 

縁の特徴

良質で耐久性が高い国産材を使っているだけではありません。国内の厳選された工場による乾燥・加工技術とTALOの30年間のノウハウのジョイントにより生まれた「縁」。その優れた点はこれだけあります。
 
 

日本の技が活きる精巧な加工

厳選された国内工場による丁寧で精巧な加工が自慢です。JAS認定工場による優れた乾燥技術により、無垢材にも関わらず割れが非常に少ないログを実現しています。

納期が短い

正式オーダーから約2~3カ月で部材納品が可能。お急ぎのご計画にも対応可能です。


狭小地でも建築が容易

コンテナで輸送する輸入ログハウスとは異なり、トラック配送のため荷下ろしが容易です。狭小地などでは分納も可能。(オプション設定)


セルフビルドにもぴったり

1本のログ材が4m以内と軽いため、組み立てが容易。継ぎ手も蟻加工(*)してあるので、安心です。
*蟻加工:日本伝統の木材を継ぐ加工の一種

長年のノウハウを活かした
TALOならではの総ログ

国産材ログでも、木にこだわった仕様はそのまま。妻壁までログを積む「総ログ」、木ダボが標準仕様です。


国産材ログハウスの実例