23年の時を経て

伊吹山の中腹にある、ヴィンテージログハウスにお邪魔してきました。

セルフビルドで建てた築23年のヴィンテージログハウス。

竣工当時の苦労話や、
(一般の方は登山で行くところなので、山でのセルフビルドはかなり大変な作業だったとか笑)、
20数年間のお話をたくさん伺い、今もなおとても綺麗に保たれている様子を伺うと、
勝手ながら、可愛い子供の(ちょっと手はかかるけど)成長を一緒に見届けたような気分に…。

オーナー様のログハウスへの愛が感じられ、ログハウスの良さを改めて感じました。

時間が経ち、ログは飴色に変わり、味わいを増して、
手入れの行き届いたお庭の花々はとても生き生きとして、
ログハウスと自然とが、本当に一体となっているようでした。

ヴィンテージには、ドライフラワーが似合いますね。

ここの眺めに見惚れてログハウスを建てたというだけあって、
琵琶湖や、緑、大きな空が目の前に広がり、本当に絶景でした。

↓オーナー様から素敵な写真を頂きました↓

 

詳細な実例は後日公開します!お楽しみに。