タイニーハウスとは?いま注目されているミニログハウスの間取りや費用も解説

タイニーハウスとは?いま注目されているミニログハウスの間取りや費用も解説

タイニーハウスは、シンプルな生活スタイルや比較的手の届きやすい価格が支持され、リモートワークスペースや小規模店舗として購入する人が増えています。

またタイニーハウスより、さらに小さいミニログハウスも注目されており、よりコンパクトで手頃なのが特徴です。

そこで本記事では、タイニーハウスについてご紹介したうえで、ミニログハウスの間取りや費用も合わせて解説します。

ぜひ、ご購入の参考にしてください。

自分だけの小屋ライフが楽しめるタイニーハウス

タイニーハウスとは小屋のようなサイズ感が特徴で、1~2名用の住居として利用できます。

広さに明確な定義はありませんが10~20㎡程度、広くても30㎡ほどの面積です。

シンプルで洗練されたおしゃれな暮らしができることから注目されており、必要なモノだけに囲まれた生活がしたいという人を中心に人気があります。

まずは、タイニーハウスの種類について見ていきましょう。

タイニーハウスの種類

スモールハウス

スモールハウスは、タイニーハウスの中でもっともスタンダードなタイプです。

通常の住宅と同様、基礎があるのでトレーラーでけん引して移動させることはできません。

10~15㎡ほどの広さが平均的で、コンパクトなワンルームくらいのサイズ感です。

トレーラーハウス

トレーラーハウスは、車で牽引することができるタイニーハウスです。

土地に固定しているわけではないので、引っ越しや旅行が簡単にできるのが特徴です。また移動式のため固定資産税がかからないのもポイントでしょう。

コンテナハウス

コンテナハウスは、貨物用のコンテナを住宅用として改良したものです。

低コストでありながら、機能性にも優れていることが最大の魅力です。

※TALOインターナショナルではトレーラーハウスやコンテナハウスの取り扱いはございません。

実例集実例集

タイニーハウスの費用相場は100~300万円

広さや設備にもよりますが、タイニーハウスの費用相場は本体価格100~300万円ほどです。

一般的な住宅は数千万円することを考えると、比較的安価であることがわかります。また建物が小さい分、施工費やメンテナンス費も一般的な住宅より抑えられます。

ただし、タイニーハウスを建てる際の注意点として建築確認と固定資産税の有無があります。建築確認とは、床面積が10㎡以上の建築物を建てる際に必要な申請のことを指します。

小屋程度の広さとはいえ、明確な法令があるので覚えておきましょう。
固定資産税は、土地に定着しない牽引式のトレーラーハウスなどの場合、支払いの義務がありません。ですが、基礎で土地に定着する必要があるタイニーハウスは、固定資産税がかかる可能性が高いため、事前に確認しておくのがよいでしょう。

タイニーハウスのメリット・デメリット

タイニーハウスのメリットは、何といってもコンパクトさにあるでしょう。

「ミニマリスト」という言葉が話題となって以降、シンプルな生活を求める方も増えてきました。タイニーハウスの場合、必要最低限の広さで生活をするため、自分の好きなものだけに囲まれた暮らしができます。

また、一般的な住宅よりも小さいので、エアコンやヒーターなどの効果が実感しやすく、光熱費の削減が期待できます。

一方、デメリットは10~20㎡ほど省スペースなためライフスタイルの変化に対応しづらいことです。

例えば、子供がいる家庭では子供部屋の確保が必要となったり、親戚や友人を招待する場合は共有スペースが必要となる可能性があります。このようなライフスタイルの変化やイベント事には不向きのため、増設などを検討する必要が出てくるでしょう。

またパーソナルスペースが確保しづらいのも難点です。

夫婦二人暮らしであっても、一人だけのプライベート空間が欲しい人は多いかもしれません。タイニーハウスは居住するうえで最低限の間取りで建てることが多いため、あらかじめ夫婦間で相談することをおすすめします。

タイニーハウスが気になる方はぜひこちらをご覧ください。


TALOの「小さな家 Kukka TALO」はこちら

タイニーハウスよりさらに小さいミニログハウス

黄色いミニログハウス

ミニログハウスもタイニーハウス同様、面積に明確な定義はありませんが延床面積10㎡未満が一般的です。より洗練されたサイズが特徴ではありますが、耐久性はタイニーハウスと遜色ありません。

よりコンパクトな設計なので、セルフでも組み立てやすく、自分の手でマイホームを作り上げていくワクワク感を味わえます。

ミニログハウスの魅力とは

ここでは、ミニログハウスの魅力について深掘りしていきます。

ミニサイズでも本格的なログハウスを堪能できる

いわゆるログハウス風のパネル材ではなくログ材を使用しているので、“本格的なログハウス”が味わえます。

ログハウスは、森林浴をしているかのような贅沢空間を独り占めできる魅力があります。

ミニログハウスも同様にその魅力を実感できますが、小さいからこそ、木材が持つぬくもりや自然な香りをよりダイレクトに体感でき、自分だけの癒し空間を存分に楽しむことができます。

ミニサイズだから費用やランニングコストも抑えられる

ミニログハウスは費用やランニングコストを抑えられるのも魅力です。

小さくなる分、費用相場も本体価格100万円前後と、タイニーハウスと比較して安価になります。

また、居住空間が少ないため、多くの照明を必要としないので電気代も安くなります。

ほかにも、冷暖房効率があがり過度な電力使用を抑えられるでしょう。

メンテナンスについても通常のログハウスと比較すると、点検や手入れをする場所が限られているので補修・修繕する際のコストも安くなります。

ミニサイズだから初心者でもセルフビルドしやすい

ミニサイズなのでセルフビルドしやすいのも特徴です。

一般的な建築物であれば専門知識や高い技術を要しますが、キット内の図面や説明書を読みながら進めていけばスムーズに建てられます。

「TALOのミニログハウス」の場合、大人5人で協力して組み立てれば、平均3~4日程度(早ければ2~3日)で完成させることができます。

ミニログハウスの用途

ミニログハウスは、倉庫はもちろん、趣味部屋やアトリエ、ガーデンハウス、ワークスペースなどさまざまな用途で活躍します。

たとえば、映画鑑賞が趣味であればミニログハウスをプライベートな映画館として活用できます。大きなスクリーンを設置し、本格的な機材を揃えれば完成です。

家族の目を気にすることなく趣味の時間を満喫できるでしょう。近い用途として楽器部屋としても活用できます。

また、小さなセカンドハウスにするのもおすすめです。

自然の多い場所にミニログハウスを建てることで、休日にのんびりと過ごすことができます。フリーランスのような働き方の場合、自宅での仕事がメインになるのでオン・オフの切り替えができず気持ちが休まらないことがあります。セカンドハウスを持つことで、仕事から完全に離れられるため、ゆったりと休息を取れるようになります。

さらに、広さによってはネイル・エステサロン、雑貨屋など、小規模店舗としても活用できます。

大きな店舗を購入すると、まとまった資金が必要となり、独立までのハードルが高くなります。ミニログハウスは100万円前後で購入できるため、個人事業主の方には特におすすめです。

TALOのミニログハウスをご紹介!

ミニログハウス「S-3」タイプ

ミニログハウス「S-3」タイプ

延床面積 7.50㎡(2.26坪)
テラス面積 2.00㎡(0.60坪)

約4.5帖と小さなサイズのミニログハウスです。

自宅に収まらなかった荷物を収納する倉庫や物置、庭小屋、DIYルームとしてお使いできます。

ミニログハウス「S-4」タイプ

ミニログハウス「S-4」タイプ

延床面積 9.72㎡(2.94坪)
テラス面積 3.24㎡(0.98坪)

約5.8帖のミニログハウスです。

S-3タイプより少し大きめサイズなので用途の幅が広がります。

作業スペースとしてはもちろん、ゲストハウスや子供用のプレイハウス、キャンプ用品やスキー用品などの大型倉庫としてなど、オールマイティーな使い方ができるサイズ感です。

ミニログハウス「S-10」タイプ

ミニログハウス「S-10」タイプ

延床面積 7.50㎡(2.26坪)
テラス面積 3.00㎡(0.90坪)

約4.5帖あり、おしゃれでシックなデザインと開放的な扉が魅力のミニログハウスです。

大きな窓がついた扉はとても開放的で、休日の癒しの場として利用できます。

緑の多い土地に建てれば、室内からも自然を感じることができるので、リラックス空間としておすすめです。

周りの景色と木材の香りを楽しみながら優雅なひと時を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

ミニログハウス「S-11」タイプ

ミニログハウス「S-11」タイプ

延床面積 8.36㎡(2.52坪)
テラス面積 4.56㎡(1.37坪)

片流れ屋根と斜めの袖壁がスタイリッシュなミニログハウスです。

広々としたテラスや約5帖の室内があるので小規模店舗としても利用できるでしょう。ネイルサロンやアート・クラフトの展示、ハンドメイド雑貨の販売など、ミニログハウスのおしゃれな見た目を活かした店舗にするのも良さそうです。

ログハウスとの併設や倉庫としても活躍!

アスファルトの形にもこだわった庭

自宅の庭にミニログハウスを併設することで、高級感のある印象になります。自宅とミニログハウスの色味を合わせることで、統一感が生まれおしゃれさが引き立ちます。

また敷地にアスファルトを敷くことで、ミニログハウスにしまっているBBQセットを広げ、家族みんなでワイワイ楽しめるような、憩いの場にもなるでしょう。

また、自転車を収納する倉庫としてもお使いできます。

ミニログは自転車のメンテナンス・スペース

複数台自転車があると場所をとるので、収納スペースとして利用すると自宅がスッキリした印象になります。また室内に自転車を置くことで盗難防止にもなるでしょう。

まとめ

本記事では、タイニーハウスとミニログハウスの費用や特徴についてご紹介してきました。

タイニーハウスの費用相場は100~300万円ほどで、10~20㎡ほどの広さが一般的です。

限られたスペースで生活することで、シンプルで洗練されたライフスタイルが実現します。

また、近年ではミニログハウスも注目されています。

タイニーハウスよりもコンパクトなのが特徴で、広さ10㎡未満のタイプが一般的です。

TALOで販売しているミニログハウスキットは、100万円前後で購入できるほか、スタイリッシュでおしゃれな見た目が特徴です。

さらにTALOのミニログハウスは、木製扉、木製ペアガラス窓が標準仕様の本格派です。

ログハウスのTALOでは、ミニログハウス以外にもログハウス製品を取り扱っていますので、気になる方はぜひご覧ください。

TALOのミニログハウスの詳細はこちら

※価格は目安です。実際とは異なる場合があります。
※仕様は変更になる場合がございます。
※写真やパースはイメージです。実際のモデルとは異なります。

一覧に戻る

 

News

最新実例集